メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

続落、終値92円安 北海道地震を懸念

東京証券取引所=共同

 6日の東京株式市場は、北海道の地震の影響が長期化するとの懸念から売りが強まり、日経平均株価(225種)は5営業日続落し、約2週間ぶりの安値を付けた。

     終値は前日比92円89銭安の2万2487円94銭。東証株価指数(TOPIX)は12.55ポイント安の1692.41。出来高は約12億8000万株。

     地震被害の復旧は長期化するとの観測が広がり、取引開始から北海道に拠点を置く企業や、小売り関連の銘柄を中心に売りが先行。電力の全面復旧に少なくとも1週間かかるとの見通しが伝わったことも投資家心理を冷やした。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
    4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
    5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです