メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、党員票でも優勢 15県連では接戦

安倍晋三首相=首相官邸で2018年(平成30年)8月27日、和田大典撮影

 毎日新聞は7日の自民党総裁選告示を前に、国会議員票と党員票の動向を探った。今回から405票に増えた党員票では、連続3選を目指す安倍晋三首相(63)が6割を超す250票程度を獲得する情勢。8割超を固めた国会議員票と合わせて優位に立っている。石破茂元幹事長(61)は頼みの党員票も140票程度にとどまる見通しだ。

 首相と石破氏の一騎打ちの構図が固まった後の8月30日から今月5日にかけて、自民党都道府県連幹部らに…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです