メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

強風被害甚大 4府県で死者11人

台風21号から一夜明け、燃焼した車が散乱する兵庫県西宮市甲子園浜の車のオークション会場=2018年9月5日午前9時9分、本社機「希望」から

 台風21号は25年ぶりに非常に強い勢力のまま日本列島に上陸し、猛烈な風が各地に大きな被害をもたらした。電柱や木は次々と根こそぎ倒され、倉庫が吹き飛ばされるなど、想像を超える強風に住民はショックを受けていた。飛んできた物に当たるなどして11人が亡くなり、多数の負傷者も出た。

 大阪府泉南市新家では、電柱9本が倒壊。数百メートルにわたって道路をふさぎ、一部は民家の敷地に倒れ込んだ。

 「地鳴りのような風の音だった」。道路沿いに住む奥田美佐子さん(70)は風が弱まった4日午後3時半ごろ、外に出て倒れた電柱を見て驚いた。夫(74)は持病があり、電動ベッドは停電で動かず、自力では立ち上がれない。「道路がこれではリハビリにも行けず、体調が心配だ」

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです