メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊産婦自殺

2年間で102人 「産後うつ」要因か

 2015~16年の2年間に妊娠中や産後1年未満に自殺した女性は全国で102人いたとの調査結果を、国立成育医療研究センターなどのチームが5日、公表した。病気などを含めた妊産婦死亡数の約3割を占め、最多だった。全国的な妊産婦の自殺数が判明するのは初めて。産後に発症する「産後うつ」などが要因とみられる。

 調査では全ての出生、死亡情報を含む厚生労働省の人口動態のデータを分析した。2年間に死亡した妊娠中から産後1年未満の女性は357人で、うち自殺は29%だった。その他の死因は、がんや心疾患、脳神経疾患などだった。

 出産後の自殺92人を分析したところ、年代別では35歳以上が45人でほぼ半数で、初産も60人で65%…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  5. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです