メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地震

北海道・胆振地方中東部で震度6強 津波の心配なし

地震発生後、市内の被害情報などを収集する苫小牧市危機管理室の職員たち=苫小牧市役所で2018年9月6日午前3時35分、福島英博撮影

[PR]

 6日午前3時8分ごろ、北海道・胆振地方中東部を震源とする地震があり、安平町で震度6強を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約40キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7と推定される。気象庁によると、若干の海面変動が予想されるが、津波の心配はない。

 その他の主な各地の震度は次の通り。

 震度6弱=新千歳空港

 震度5強=苫小牧市、千歳市、札幌市北区、江別市、三笠市、長沼町など

 震度5弱=室蘭市、登別市、白老町、恵庭市、北広島市など

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです