メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

「船」を出す9月=残間里江子

 9月になると毎年思う。「船を出すのなら九月」と。これは中島みゆきさんが作詞作曲した名曲のタイトルだが、この曲を初めて聞いたのは30歳の春。以来、真夏の喧騒(けんそう)が過ぎた9月になると、自分の「この先」を考える。

 30代後半で敢行した離婚も、シングルマザーで子どもを育てる覚悟を決めたのも9月だった。その頃の私は、1人で船をこぎ出しても荒波に負けないし、暗礁に乗り上げても大丈夫だと思っていた。40代、50代の9月は、仕事と育児と介護で船を出すのは諦めた。

 近ごろ、「人生100年時代」とか「女性活躍社会」と、シニアと女性には大きな可能性があるかのように言…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです