メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

「船」を出す9月=残間里江子

 9月になると毎年思う。「船を出すのなら九月」と。これは中島みゆきさんが作詞作曲した名曲のタイトルだが、この曲を初めて聞いたのは30歳の春。以来、真夏の喧騒(けんそう)が過ぎた9月になると、自分の「この先」を考える。

 30代後半で敢行した離婚も、シングルマザーで子どもを育てる覚悟を決めたのも9月だった。その頃の私は、1人で船をこぎ出しても荒波に負けないし、暗礁に乗り上げても大丈夫だと思っていた。40代、50代の9月は、仕事と育児と介護で船を出すのは諦めた。

 近ごろ、「人生100年時代」とか「女性活躍社会」と、シニアと女性には大きな可能性があるかのように言…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです