メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

兵庫県・淡路島(谷崎潤一郎「蓼喰ふ虫」) 淡路人形協会理事長・正井良徳さん(78)

誇るべき農民の芸術

 淡路人形浄瑠璃には500年の歴史があります。西宮大明神の開祖、百太夫が人形操(あやつ)りを伝えたのが始まりと言われています。

 1600年ごろ、人形操りと浄瑠璃、三味線が京都で一体となり、人形浄瑠璃が生まれました。大阪では「竹本座」と「豊竹座」が競い合いながら発展し、人形も改良しつつ、今の三人遣いになったのが1740年ごろのことです。

 最盛期の江戸中期、淡路には人形座が44ありました。阿波藩に保護され、巡業した各地に人形浄瑠璃を伝え…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです