パートナーシップ制度

LGBTなど 中野区、初の受領証 宣誓カップル「感慨深い」 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」で、中野区は6日、互いを人生のパートナーとする宣誓書を提出したカップルに初めて受領証を交付した。区は、ともに20歳以上で配偶者がなく、区内の同一地に在住・転入を予定する戸籍上の性が同じカップルを対象に、8月20日から宣誓書提出の予約を受け付けていた。【福沢光一】

 この日、区役所でパートナーシップ宣誓をしたのは、ともに団体職員の大江千束さん(58)と小川葉子さん(55)。2人は約25年間パートナーシップ関係にあり、大江さんは「感慨深いということに尽きる。生きているうちは(行政の同性カップル認定は)起きないと考えてきた。支え合ってひっそり生活してきた」。小川さんは「ここまで来る道のりには、お互いの親をみとるなどさまざまな局面があった。若い頃は『こんな自分が生…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文721文字)

あわせて読みたい

注目の特集