メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パートナーシップ制度

LGBTなど 中野区、初の受領証 宣誓カップル「感慨深い」 /東京

 LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」で、中野区は6日、互いを人生のパートナーとする宣誓書を提出したカップルに初めて受領証を交付した。区は、ともに20歳以上で配偶者がなく、区内の同一地に在住・転入を予定する戸籍上の性が同じカップルを対象に、8月20日から宣誓書提出の予約を受け付けていた。【福沢光一】

 この日、区役所でパートナーシップ宣誓をしたのは、ともに団体職員の大江千束さん(58)と小川葉子さん…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです