メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

「東京五輪で恩返し」 レスリング銅、園田選手が決意 日野 /滋賀

アジア大会での銅メダル獲得の報告会で、滋賀県日野町の藤沢直広町長(右)らに囲まれる園田新選手(中央)=同町役場で、蓮見新也撮影

 ジャカルタ・アジア大会のレスリング男子グレコローマンスタイル130キロ級で銅メダルに輝いた、日野町出身の園田新(あらた)選手(24)の報告会が6日、日野町河原1の町役場前で開かれた。同階級で日本勢として24年ぶりのメダル獲得という快挙に、園田選手は「2年後の東京五輪に必ず出場して恩返ししたい」と決意を語った。

 園田選手は県立日野高校から拓殖大に進学し、現在はALSOKに所属。今年の全日本選手権で5連覇を達成…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文411文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです