メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

きょう告示 活発な政策論戦期待 府連会長「国民が注目」 /京都

 自民党の総裁選(7日告示、20日投開票)に向け、府内では国会議員を中心に安倍晋三首相の3選に向けて党員に支持を求める動きが強まり、約1万6000人の府内の党員らの有効投票のうち過半数を首相が取るとみられている。一方、府連会長の二之湯智参院議員は、所属する竹下派の参院側が石破茂元幹事長の支持を決めていることもあり、「総裁選になれば国民の注目度も高まり、党の活性化にもつながる」と活発な論戦に期待する。

 西田昌司参院議員(京都選挙区)は8月24日、京都市で開いた国政報告会を首相3選に向けた「総決起大会…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです