メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

「津波の日」高校生サミットin和歌山 現地で感じる稲むらの火 事前学習会に24人参加 /和歌山

広村堤防で語り部の熊野享さん(左端)から説明を受ける高校生たち=和歌山県広川町広で、山本芳博撮影

 国内外の高校生が集まり、巨大地震や津波などの対策を英語で論じ合う「世界津波の日 高校生サミットin和歌山」が10月31日と11月1日の2日間、和歌山市手平2の和歌山ビッグホエールで開かれる。8月7日には広川町広の防災学習施設「稲むらの火の館」で事前学習会があった。

 サミットは防災を担う若いリーダーを育成するため、「世界津波の日」が制定された2015年の翌年11月、南海トラフ巨大地震で国内最大の34・4メートルの津波に襲われる可能性がある高知県黒潮町に、30カ国の361人が集まって始まった。昨年の第2回は沖縄県宜野湾市であり、26カ国255人が参加した。災害についてテーマ別の分科会に分かれて議論し、防災への決意を込めた宣言文にまとめる。

 3回目の今回は49カ国の385人の高校生が参加予定で、県内からは9校の28人が災害から命を守るため…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです