メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デフバスケットボール

U21、世界準V 東筑紫短大2年・沼口さん「次はリベンジしたい」 /福岡

 聴覚障害者らがプレーする「デフバスケットボール」のU21(21歳以下)世界選手権がこの夏、米国で開かれ、東筑紫短大2年、沼口紗也さん(19)=若松区花野路=が女子全日本チームの一員として出場した。チームは初出場ながら準優勝。沼口さんは「次はリベンジしたい。世界の手話を覚え、各国の選手とコミュニケーションしたいという目標もできた」と話す。【長谷川容子】

 大会は7月、ワシントンDCであった。海外は初めてで、会場には父朋宏さん(45)、母ゆかりさん(44…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです