メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大銀ドーム

名称変更へ 命名権スポンサー募集に再応募なく /大分

 来秋のラグビーワールドカップ(W杯)や、J2・大分トリニータのホームとして使われている大分市横尾の「大分銀行ドーム」の名称が変わる見通しとなった。県は、同ドームを含む大分スポーツ公園にある施設のネーミングライツ(命名権)協賛スポンサーを募集。しかし、関係者によると、締め切りの5日までに大分銀行からの応募はなかった。同行以外の2社から応募があり、早ければ年内にも新名称が決まる。【尾形有菜、田畠広景】

 県によると、同公園内の施設のネーミングライツ協賛は2006年から始めた。大分銀行は10年3月からの…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1473文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです