メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大銀ドーム

名称変更へ 命名権スポンサー募集に再応募なく /大分

 来秋のラグビーワールドカップ(W杯)や、J2・大分トリニータのホームとして使われている大分市横尾の「大分銀行ドーム」の名称が変わる見通しとなった。県は、同ドームを含む大分スポーツ公園にある施設のネーミングライツ(命名権)協賛スポンサーを募集。しかし、関係者によると、締め切りの5日までに大分銀行からの応募はなかった。同行以外の2社から応募があり、早ければ年内にも新名称が決まる。【尾形有菜、田畠広景】

 県によると、同公園内の施設のネーミングライツ協賛は2006年から始めた。大分銀行は10年3月からの…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1473文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです