メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

厚真で判明 インフラ壊滅 全道停電影響続く 5人死亡、4人心肺停止

地震による土砂崩れに巻き込まれた建物=北海道厚真町で2018年9月6日午前8時32分、本社機「希望」から佐々木順一撮影
北海道胆振地方

 6日午前3時8分ごろ、北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源とする地震があり、厚真(あつま)町で震度7を観測した。また、安平(あびら)町とむかわ町では震度6強を記録した。土砂崩れや家屋の倒壊など大きな被害が確認され、道の午後10時現在の集計では5人が死亡、4人が心肺停止の状態で、28人の安否が分かっていない。一方、安倍晋三首相は関係閣僚会議で9人が死亡したと述べた。電力や通信、交通インフラなどにも深刻な被害が出ている。【最上和喜、真貝恒平、金森崇之】

     気象庁によると、北海道で震度7を観測したのは、震度階級が改定された1996年以降初めてで、国内では2016年の熊本地震以来6回目。震源は胆振地方中東部で、震源の深さは37キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・7と推定される。

     気象庁は当初、停電などの影響で一部の震度データを入手できず、最大震度を安平町の6強と発表した。しかし、同日午後、不具合のあった17地点のうち10地点の震度計が復旧し、厚真町で震度7、むかわ町で震度6強を観測していた。千歳市の新千歳空港などで震度6弱、札幌市や苫小牧市などでも5強を観測した。

     道などによると、多数の家屋が倒壊した厚真町では、76歳と86歳の男性、81歳の女性が死亡。28歳と63歳の男性、83歳の女性らが心肺停止の状態。町によると、3人の死因はいずれも窒息死とみられる。また、むかわ町では86歳の男性がタンスの下敷きになって亡くなっているのを知人が発見し、新ひだか町でも55歳の男性が自宅で亡くなった。道内各地で305人が負傷し、うち5人が重症という。

     今回の地震は、地盤が東北東方向と西南西方向から押されたことで断層がずれる「逆断層型」とみられる。震度7の地震発生後、同日午後9時までに震度1~4の地震も計75回発生しており、気象庁は「今後1週間は最大震度6強程度の地震に注意する必要がある」と呼びかけている。

     気象庁は今回の地震を「平成30年北海道胆振東部地震」と命名した。

    各地の震度

    北電「復旧に1週間以上」

     地震の影響で、稼働していた北海道内すべての火力発電所が緊急停止し、一部の発電所で火災や破損が発生した。道内全域の295万戸が停電状態になり、広範囲で携帯電話がつながりにくくなったり、信号機が止まったりするなど市民生活にも影響が広がった。北海道電力(北電)の真弓明彦社長は6日の記者会見で「全道の復旧には1週間以上かかる」などと述べ、北電は計画停電も検討している。経済産業省によると、6日午後9時現在、約48万5000戸が復旧した。

     北電によると、道内唯一の原発、泊原発は運転停止中で、震源に近く全道の電力需要(ピーク時380万キロワット)の約半分をまかなう苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(厚真町、発電能力165万キロワット)が地震の揺れで緊急停止し、4号機はタービンから出火した。1、2号機も水蒸気が漏れ、施設が損傷したとみられ、復旧に時間がかかる見通し。道内の電力需給のバランスが大きく崩れ、別の道内3カ所の火力発電所も停止した。全ての発電所が停止する「ブラックアウト」は1951年の北電創業以来初めて。

     安倍晋三首相は6日夕の関係閣僚会議で、295万戸の停電解消に向け、7日朝までに3分の1にあたる100万世帯超への供給再開を目指すと説明した。ただ全面復旧には時間がかかるため、全国の電力会社から電源車計150台を確保し、うち35台は6日夜までに北海道に到着するとの見通しを示した。

     一方、携帯電話各社によると、電波基地局への送電が止まったり、光ファイバーなどの伝送路が故障したりしたため、携帯電話がつながりにくい状態が続いている。KDDIなどは移動基地局車を配備する方針。携帯各社は安否情報を文字で登録、確認できる「災害用伝言板」のサービスを始めた。

     NTT東日本によると、固定電話約3万4000回線で不通になったが、予備電力を使うなどして6日夕にはほぼ復旧させたという。【安達恒太郎、野原寛史、飯田憲】


    北海道内の被害状況

    死者        5人

    心肺停止      4人

    安否不明     28人

    けが      305人

     (うち重症5人)

    避難者  最大5777人

    停電   最大295万戸

    建物被害   全壊28棟

           半壊20棟

     =6日午後10時現在、道発表

    ---------

    断水 最大3万263戸

     =厚生労働省まとめ(7市町は未調査)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 
    2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
    3. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手
    4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
    5. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです