メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
質問なるほドリ

サバ缶なぜ値上がり? 健康志向で需要拡大 使いやすくレシピ豊富=回答・矢澤秀範

サバ缶ブームを受けて各社は増産するが、原料価格が高騰している=矢澤秀範撮影

 なるほドリ サバの缶詰(かんづめ)の値段が少し高くなったみたい。

 記者 水産大手のマルハニチロが1日、缶詰33品目の価格を約10%値上げしました。代表的な「さば水煮(みずに)」は、税別の参考小売価格が200円から220円になりました。

 Q どうして値上げしたの?

 A サバ缶ブームで国内の需要(じゅよう)が拡大しているうえ、アフリカや東南アジアに向けた冷凍(れいとう)サバの輸出(ゆしゅつ)も急増、原料価格が高騰(こうとう)しているからです。他メーカーにも値上げの動きがあります。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです