メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

サバ缶なぜ値上がり? 健康志向で需要拡大 使いやすくレシピ豊富=回答・矢澤秀範

サバ缶ブームを受けて各社は増産するが、原料価格が高騰している=矢澤秀範撮影

 なるほドリ サバの缶詰(かんづめ)の値段が少し高くなったみたい。

 記者 水産大手のマルハニチロが1日、缶詰33品目の価格を約10%値上げしました。代表的な「さば水煮(みずに)」は、税別の参考小売価格が200円から220円になりました。

 Q どうして値上げしたの?

 A サバ缶ブームで国内の需要(じゅよう)が拡大しているうえ、アフリカや東南アジアに向けた冷凍(れいとう)サバの輸出(ゆしゅつ)も急増、原料価格が高騰(こうとう)しているからです。他メーカーにも値上げの動きがあります。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです