メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

サバ缶なぜ値上がり? 健康志向で需要拡大 使いやすくレシピ豊富=回答・矢澤秀範

サバ缶ブームを受けて各社は増産するが、原料価格が高騰している=矢澤秀範撮影

 なるほドリ サバの缶詰(かんづめ)の値段が少し高くなったみたい。

 記者 水産大手のマルハニチロが1日、缶詰33品目の価格を約10%値上げしました。代表的な「さば水煮(みずに)」は、税別の参考小売価格が200円から220円になりました。

 Q どうして値上げしたの?

 A サバ缶ブームで国内の需要(じゅよう)が拡大しているうえ、アフリカや東南アジアに向けた冷凍(れいとう)サバの輸出(ゆしゅつ)も急増、原料価格が高騰(こうとう)しているからです。他メーカーにも値上げの動きがあります。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです