米ウーバー

タクシー配車始動 第1弾・名古屋 全国展開へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
配車アプリの使い方を説明するウーバージャパンのトム・ホワイト・モビリティ事業ゼネラルマネージャー=名古屋市中区のホテルで2018年9月6日、黒尾透撮影
配車アプリの使い方を説明するウーバージャパンのトム・ホワイト・モビリティ事業ゼネラルマネージャー=名古屋市中区のホテルで2018年9月6日、黒尾透撮影

 米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズは6日、名古屋市のタクシー大手フジタクシーグループと提携し、国内のタクシー配車サービスに参入すると発表した。同グループの配車に、スマートフォン用アプリを活用する。ウーバーは現在、東京都内などでハイヤーの配車サービスを行っているが、タクシーの配車に本格参入するのは初めて。全国展開を目指す。

 サービスは同日開始され、350台程度のタクシーが対応。利用者がアプリに目的地を入力すると、経路や想定料金、近くにいるタクシーが表示され、配車を依頼すると送迎してくれる。事前にクレジットカード情報を登録するため、到着時の支払いは不要。料金の算出は従来のタクシーと同じだが、予約料金分は無料とする意向という。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文549文字)

あわせて読みたい

注目の特集