メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地銀

4割「店舗減」 低金利・人口減、強まる逆風 ATMも脱・自前へ 66社アンケート

 共同通信社は6日、東京証券取引所などに上場する地方銀行(持ち株会社を含む)を対象としたアンケート結果をまとめた。回答した66社の42%に当たる28社が2020年度末までに店舗数の削減を計画していると回答し、現金自動受払機(ATM)の削減も半数を超えた。大都市圏から離れた地銀で目立ち、超低金利や人口減などを背景に地銀の経営戦略の違いが鮮明になってきた。

 店舗数の計画で最も多かったのは「横ばい」(44%、29社)。人口減少ペースが比較的緩やかな都市部で…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです