メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

北京の女の子の買い物=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 先日、所用があって北京に出かけた。北京といえば、シェアサイクルや電子決済など、テクノロジーをベースとした新サービスが急速に普及していることがよく話題になる。たしかに、街のいたるところに青や黄色の自転車がとめられ、みな好きな場所で乗り降りしているし、街のどこでも、決済は大体スマートフォンで行うことができ、現金はほとんど用いない。新鮮な光景だった。ただ、集権的な新興国において最新のインフラが一斉に導入されるのは、歴史の常でもあるだろう。

 むしろ、北京でより驚いたのは、若い人の愛想やマナーがとてもよくなっていることや、若者向けの店がどんどんハイセンスになっていることなど、ソフト面の変化だった。たとえば、北京に南鑼鼓巷という通りがある。胡同と呼ばれる細い路地で、伝統的な建物をリノベーションした店舗が続く雰囲気のいい通りだが、客層は意外と若く、10、20代の若者でごった返している。この通りでひときわにぎわう文房具屋があったので、のぞい…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです