メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

製薬会社、学校に医師派遣 女性特有の病気学ぶ機会を女子高生に 婦人科、身近な相談相手

国重陽子医師の問いかけに生徒が挙手で答えた=大阪市西淀川区の好文学園女子高校で、御園生枝里撮影

 女性は一生を通じてホルモンの影響を受け、体の不調が起きたり、女性特有の病気にかかったりする。特に思春期の高校生の年ごろにそれらの知識を深めることで、月経痛の治療による生活の充実や、病気の早期発見が期待される。くにしげレディースクリニック(大阪市)の国重陽子院長を講師に先月、女子高校生向けに行われた「かがやきスクール」の講演からまとめた。【御園生枝里】

 「(検査時に)『痛みはほとんどない』と言われるが、やっぱりちょっと痛いので気を使う」。国重院長は8…

この記事は有料記事です。

残り2316文字(全文2543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです