自民総裁選

安倍、石破両氏が立候補届け出 6年ぶり選挙

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相
安倍晋三首相

 自民党総裁選は7日午前、告示され、連続3選を目指す安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)が立候補を届け出た。前回の2015年は無投票だったため、選挙戦は12年以来6年ぶり。経済政策「アベノミクス」の評価や憲法改正などが争点になる。国会議員票と党員票(いずれも405票)で争われ、20日に新総裁が決まる。

 自民党は北海道で発生した最大震度7の地震を受け、7日に予定していた候補者の所見発表演説会と共同記者会見を10日に延期した。両陣営は9日まで選挙活動を自粛し、本格的な論戦は10日以降になる。

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1179文字)

あわせて読みたい