貿易戦争

米大統領「日本との蜜月、終わるだろう」米紙に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは6日、トランプ米大統領が巨額の対日貿易赤字を深刻視しており、日本を標的に貿易不均衡是正を厳しく迫る可能性があると報じた。安倍晋三首相と親密な関係にあるトランプ氏だが、同紙編集者の取材に「(通商問題で)どのぐらい(対価を)払わないといけないかを日本に伝えた途端、当然(関係は)終わるだろう」と述べたという。

 日本が貿易戦争の「次の標的」になるとの懸念から、外国為替市場ではリスク回避の円買いが進み、円相場は一時、約2週間ぶりの円高・ドル安水準となる1ドル=110円台半ばまで上昇した。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文730文字)

あわせて読みたい

ニュース特集