メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ポルノ」

あすから尾道公演 豪雨被災地に収益寄付 

(左から)ポルノグラフィティの岡野さん、湯崎知事、新藤さん=広島市中区の県庁で2018年9月5日午後4時13分、東久保逸夫撮影

 広島県尾道市因島出身の2人組音楽ユニット、ポルノグラフィティが8、9両日、尾道市の県立びんご運動公園で野外ライブ「しまなみロマンスポルノ’18」を開く。来年迎えるメジャーデビュー20年を記念した故郷でのコンサートを前に、ボーカルの岡野昭仁さん(43)とギターの新藤晴一さん(43)が県庁を訪れ、収益全額を西日本豪雨の被災地に寄付することを明らかにした。

     岡野さん、新藤さんは共に県立因島高の卒業生。1999年にメジャーデビューした。地元ライブは因島市が尾道市と合併後初めてで、約4万人の動員を見込んでいる。

     岡野さんは「豪雨で大きな被害が出る中でライブをやっていいか迷っていたが、県民からやってほしいとの声があり開催を決めた。被災地が少しでも元気になってほしいし、故郷を自慢したい」と話した。湯崎英彦知事は「とてもうれしい話で、被災地も勇気づけられる」と感謝した。

     2人は6月には尾道市役所を訪れ、平谷祐宏市長に因島への愛着を語っていた。

    【東久保逸夫、渕脇直樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
    2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
    5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです