メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西空港

国内線の運航、一部で再開 8日には国際線も

国内線の運航が一部再開され、飛行機に乗り込む人たち=関西国際空港で2018年9月7日午前11時36分、山田尚弘撮影
国内線の運航が一部再開された第2ターミナル内を歩く家族連れ=関西国際空港で2018年9月7日午前10時47分、山田尚弘撮影

 台風21号の影響で閉鎖されていた関西国際空港で7日午前、国内線の運航が一部で再開した。関空にはAとBの2本の滑走路があり、被害が少ないB滑走路を先行して運用する。一方、関空を運営する関西エアポートの山谷佳之社長は同日、国際線も8日からB滑走路で運航を再開させると明かした。1週間以内にA滑走路での運用再開も目指す。

 7日に運航するのは、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションと、日本航空の発着計19便。正午ごろ、ピーチが運航する新潟行きの再開第1便が関空を飛び立った。

 関空は滑走路や第1ターミナルが浸水し、空港と対岸を結ぶ連絡橋がタンカーの衝突事故で4日に封鎖された。現在、連絡橋は対面通行が可能になり、利用客はバスや神戸空港発の高速船で入ることができる。

 関空の本格復旧までの間、伊丹、神戸両空港に国際線を振り替えるよう大阪府が政府に求めていることについて、石井啓一国交相は同日の記者会見で、「伊丹、神戸両空港で国内・国際便を受け入れる態勢が必要。地元関係者と調整を進めている」と理解を示した。【山田毅、花牟礼紀仁】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです