メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

米カナダが交渉再開 乳製品で隔たりは大きく

 【ワシントン清水憲司】北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐり、米国とカナダは5日、ワシントンで交渉を再開した。カナダのトルドー首相は焦点の一つである乳製品市場について一部開放する可能性を示したが、両国の隔たりは依然大きい模様だ。

 米国は8月下旬にメキシコと2国間で大筋合意に達し、残るカナダとも8月中の合意を目指し協議したがまとまらなかった。

 トルドー氏は5日、地元ラジオ番組で、自国酪農を保護する乳製品の「供給管理制度」について「我々は制度を守るが、柔軟に考える余地があるかといえば、それは交渉次第だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです