給湯器訴訟

パナソニック和解 鷺宮が解決金13億円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 省エネ給湯器「エコキュート」の部品の欠陥によりトラブルが相次いだとして、製造販売元のパナソニック(大阪府門真市)が、部品を製造した鷺宮製作所(東京)に約19億3300万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(金地香枝裁判長)であり、鷺宮側が13億円の解決金を支払う内容で和解していたことが分かった。

 和解は8月31日付。パナソニックが2014年3月に提訴し、鷺宮も損害を被…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集