男性について「優生保護法第5条第2項に定める『関係者』には含まれないものと解する」と記載した国からの回答文=仙台市で2018年8月21日、遠藤大志撮影

 旧優生保護法下の1960年、強制不妊手術の決定を受けた岩手県の女性と交際していた男性が、女性との結婚を前提に手術しないよう求めた。2人は当時ともに20歳で、岩手県から男性の意見を聞くべきか問い合わせを受けた旧厚生省は、「(意見を聞く)関係者ではない」と回答し、他の都道府県にも同じ内容の通知を送って…

続きを読む