メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

秋場所出場決めた稀勢の里「やれることはやった」

阿武咲(右)との相撲で、秋場所前の本格的な稽古を締めくくった稀勢の里(中央)=千葉県習志野市の阿武松部屋で2018年9月6日午前9時半ごろ、飯山太郎撮影

 秋場所(9日初日、東京・両国国技館)への出場を決めた横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=は6日、千葉県習志野市の阿武松部屋に出稽古(げいこ)し、三役経験者の阿武咲と相撲を14番取った。22歳の成長株の馬力に土俵を割る相撲もあったが、稀勢の里は「やれることはやった」と秋場所前の稽古を総括した。

 夏巡業からの稽古は一進一退だった。名古屋場所優勝の関脇・御嶽海とは2日間、胸を合わせた。8月下旬の番付発表後は横綱・鶴竜に加え、栃ノ心と豪栄道の2大関や小結・玉鷲とも稽古。本場所で対戦確実な相手と手合わせする姿は、これまでとは大きく違っ…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  3. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  4. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです