メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
エンタメノート

インド舞踊は魅惑の万華鏡 ダンサー丸橋広実さん8日に公演

公演「おしゃべりなインド舞踊~ケララに夢中」のポスター

 「ケララ」という名をご存じだろうか。先月、洪水で大きな被害を受けたインド南部の州がケララ州だ。「被害が大きくて心配しています」という丸橋広実さんは、ケララ州の州立芸術学校で古典舞踊「モヒニアッタム」を学び、20年余にわたりインドと日本を往復して踊りを究め、広めてきたダンサーで講師。8日、東京・高円寺で自身と教え子による舞踊公演を開く。

 丸橋さんはケララ州立カラマンダラム芸術学校で大御所のカラマンダラム・リーラーマーさんに師事して、古…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです