メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

インド舞踊は魅惑の万華鏡 ダンサー丸橋広実さん8日に公演

公演「おしゃべりなインド舞踊~ケララに夢中」のポスター

 「ケララ」という名をご存じだろうか。先月、洪水で大きな被害を受けたインド南部の州がケララ州だ。「被害が大きくて心配しています」という丸橋広実さんは、ケララ州の州立芸術学校で古典舞踊「モヒニアッタム」を学び、20年余にわたりインドと日本を往復して踊りを究め、広めてきたダンサーで講師。8日、東京・高円寺で自身と教え子による舞踊公演を開く。

 丸橋さんはケララ州立カラマンダラム芸術学校で大御所のカラマンダラム・リーラーマーさんに師事して、古典舞踊のモヒニアッタムを学んだ。日本の文化庁の芸術家在外研修員にも選ばれ、インド映画やテレビ出演など幅広い活動をしてきた。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文774文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 日本航空「Ladies and Gentlemen」廃止 性的マイノリティー配慮

  4. 新型コロナ 集団感染、非難殺到のフィリピンパブ 「対策お墨付き」に困惑 都、ステッカー剥奪→返却

  5. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです