メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

釣って、売って、温泉へ 魚市場でクーポンに 脱サラ女性発案、熱海でまちおこし

「ツッテ熱海」の仕組みを発案した中川めぐみさん。「釣りアンバサダー」を名乗る=本人提供

 釣って、売って、湯船につかって--。静岡県熱海市で海釣りを中心に据えたユニークな観光プロジェクト「ツッテ熱海」が15日にスタートする。地元で釣った魚を魚市場に持ち込むとクーポン(金券)がもらえ、市内の温泉施設などで使える。海釣りを楽しみ、大漁なら温泉や食事がタダになるかもしれない。釣り好きが高じて脱サラし、全国を釣り歩く東京在住の女性(35)の発想と熱意が老舗観光地を動かした。【中村かさね】

 プロジェクトに参加するのは市内の熱海魚市場と船宿2軒、日帰り温泉施設や土産物店、飲食店など19店舗…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです