テニス

全米オープン 錦織、準決勝で敗退 ジョコビッチに14連敗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子シングルス準決勝で敗れた錦織
男子シングルス準決勝で敗れた錦織

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第12日は7日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで男子シングルス準決勝が行われ、第21シードの錦織圭(日清食品)は、元世界ランキング1位で3年ぶり3回目の優勝を狙う第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、4-6、2-6でストレート負けした。準優勝した2014年以来2回目の4大大会決勝進出はならなかった。

 第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)は、第1シードで2連覇を狙ったラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。7-6、6-2とリードしたところで、ナダルが右膝のけがのため棄権した。デルポトロは優勝した09年以来2回目の決勝進出。決勝は9日午後4時(日本時間10日午前5時)から行われる。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1080文字)

あわせて読みたい

注目の特集