メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 錦織、準決勝で敗退 ジョコビッチに14連敗

男子シングルス準決勝で敗れた錦織

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第12日は7日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで男子シングルス準決勝が行われ、第21シードの錦織圭(日清食品)は、元世界ランキング1位で3年ぶり3回目の優勝を狙う第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、4-6、2-6でストレート負けした。準優勝した2014年以来2回目の4大大会決勝進出はならなかった。

 第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)は、第1シードで2連覇を狙ったラファエル・…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです