メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

遊佐未森 生・歌・音の三位一体

遊佐未森=水音社提供

 言葉はもちろんだが、楽器が奏でる音の一つ一つが、音楽への思いを含めて、いつも丁寧に織り込まれていて、何ひとつ粗雑に扱われているのをみたことがない。しかも、必要なものはちゃんと身に着けているが、余分なものはそこにはない。贅言(ぜいげん)を弄(ろう)する音楽がはびこる中で、耳をそばだてずにはいられないような、静謐(せいひつ)な瞬間をもたらし、聴き手の心にさざ波をたてることだってある。

 遊佐未森は、そうやって、彼女だけの道を歩みつづけてきた。そして、30年だ。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1113文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです