メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直撃いばらき

競艇の場外舟券売り場巡り 取手市議会、質問認めず /茨城

「街づくりに関わる」「既に計画撤回」

 取手市議会が現在開会中の9月定例会で、市内で持ち上がった競艇の場外舟券売り場(ボートピア)建設計画に関する市議3人の一般質問を認めなかったことが分かった。「業者が計画を断念し、市政に関係なくなった」との理由だが、3市議は「街づくりに関わるのにおかしい」と反発。地方自治の専門家も「市政を狭く捉え質問を封じるのは、議会自ら首を絞めるようなものだ」と批判している。【安味伸一】

 ボートピア建設計画は、同市小浮気を予定地として、事業者が6月に説明会を数回開催した。6月定例会でも…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  3. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  4. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです