メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

柏出身の力士 隆の勝と琴手計が昇進 活躍に期待 /千葉

 柏市出身の隆の勝(本名・石井伸明)が9日に初日を迎える大相撲秋場所の新番付で新入幕を果たした。市によると、同市出身力士で幕内に昇進したのは、元関脇の麒麟児以来44年ぶり。また、柏市出身で三段目の琴手計(ことてばかり)(本名・手計富士紀)もスピード出世し幕下に。ともに、市内の柏相撲少年団で力を付けたといい、今後の活躍が期待されている。【橋本利昭】

 隆の勝は市立西原小、西原中を卒業後、千賀ノ浦部屋に入門。2010年春場所で初土俵を踏み、17年の九州場所で十両に昇進。7月の名古屋場所では千秋楽で貴ノ岩との優勝決定戦に挑み惜しくも敗れたが、13勝2敗の好成績を残した。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです