メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレゼント

 ■かごの中の瞳

     9月28日より全国ロードショー。監督=マーク・フォースター、出演=ブレイク・ライブリーほか。失った視力を手術で取り戻した女性とその夫を巡るスリリングな極上サスペンス=写真▼試写会に5組10人を招待 9月20日19時、キノフィルムズ試写室(港区・六本木駅)。はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、〒100-0006千代田区有楽町2の2の1の4F「TOHOマーケティング毎日かごの中係」。15日必着。03・3569・3165

    プレゼント

     ■赤毛のアン 初恋

     10月5日より全国順次ロードショー。監督=ジョン・ケント・ハリソン、出演=エラ・バレンタインほか。本国カナダで映画化された3部作の第2部。「宿敵」ギルバートとの関係などアンの思春期の日々を描いた=写真▼試写会に5組10人を招待 9月27日18時半、一ツ橋ホール(千代田区・神保町駅)。はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記の上、〒104-0061中央区銀座1の14の6銀座一丁目ビル3階アティカス「赤毛のアン毎日係」。15日必着。03・6820・9165

     ■福島映像祭2018

     9月22~28日、時間は日により異なる。ポレポレ東中野(中野区・東中野駅)。NPO法人OurPlanet-TV主催。2013年に始まり、今年で6回目。今回は自らも自主避難した当時高校生だった監督による「たゆたいながら」(阿部周一監督、17年)、母子避難した家族を描いた「ふたつの故郷をいきる」(中川あゆみ監督、18年)など4作品を上映するほか、トークイベントや写真展もある。03・3296・2720

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
    2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
    5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです