メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

活動紹介 草津市立市民交流プラザ お勧め本を熱く紹介 /滋賀

お勧めの本をアピールする堀江真さん=滋賀県草津市野路1の市立市民交流プラザで、諸隈美紗稀撮影

 本を通じて地域の交流を深めようと、草津市野路1の市立市民交流プラザで、2~3日に1回の頻度で「まいにちビブリオバトル」が開かれている。

 「バトラー」と呼ばれる参加者がお勧めの本を5分間プレゼンテーションした後、観覧者を含めて2~3分話し合い、一番読みたくなった「チャンプ本」を選ぶ。バトルは現在、立命館大教授を務める谷口忠大さんが2007年に考案した。「ビブリオ」はラテン語由来で「本」の意味。

 1日の「防災の日」には防災をテーマに議論。市立南草津図書館のあるフロアで、小学4年~50代の男女4…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです