メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/498 学校発祥の地巡り /大阪

 ◆大阪市西区

学ぶ気概、今に伝える

 西長堀から北上し、大阪案内人の西俣稔さんとやって来たのは靱公園。日曜の昼下がり、周辺のオフィス街に人けはないが、ここは家族連れらでにぎわい、子どもの声が響く。

 西俣さんがいきなり「谷崎潤一郎の『春琴抄』で……」と切り出した。1933(昭和8)年に発表された名作が、靱公園と関係してますの? 

 「主人公の盲目の春琴が、道修町の店から靱の師匠の家まで、丁稚に手を引かれて通うんですが、『十丁程の…

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1474文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです