メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
2018自民党総裁選

2018自民党総裁選/4止 政治主導、揺らぐ理想 森友・加計問題の土壌

内閣人事局が発足、看板を設置する安倍晋三首相(右から2人目)と稲田朋美内閣人事局担当相(当時、左から2人目)ら=東京都千代田区で2014年5月30日、代表撮影

 安倍晋三首相(63)が、演説の多くで本題の前に触れる「定番」がある。5日の新潟市での会合もそうだった。「改めるべき点はしっかり改めながら、丁寧に、謙虚に政権運営にあたっていきたい」。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題や学校法人「加計学園」問題を念頭にした反省の弁だ。

 首相は昨年8月、衆院解散・総選挙を決意した際、「森友・加計の問題をリセットしたい。3分の2(の議席)を失っても、与党で過半数を取れればいい」と周辺に語った。自民党は大勝したが、二つの問題は先の通常国会で再燃。毎日新聞の今月の全国世論調査では首相や政府の説明に「納得していない」との回答が72%、「首相に責任がある」が63%。批判は根強い。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです