メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

重要争点、トップは「経済」 都道府県連、19都県幹部が挙げる

都道府県連が総裁選で最も重視する争点

 毎日新聞は7日の自民党総裁選告示を前に、最も重視する争点を党都道府県連幹部らに尋ねた。「景気・経済対策」との回答が宮城、東京、長野、岡山など最多の19都県に上った。このうち13都県では安倍晋三首相が優勢。党内で政権の経済政策「アベノミクス」への評価が高いことがうかがえた。

 8月30日から今月5日にかけて、幹部らに六つの選択肢を示して聞き取った。

 北海道、岩手、鳥取など8道府県は「地方創生」を挙げ、2番目に多かった。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです