メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍陣営、推薦人幅広く 石破陣営、ベテラン顔ぶれも

 安倍晋三首相と石破茂元幹事長は7日、自民党総裁選の立候補に必要な20人の推薦人名簿をそれぞれ総裁選管理委員会に提出した。

 首相は支持を受ける細田、麻生、岸田、二階、石原各派からまんべんなく推薦人を確保した。竹下派の参院側は石破氏を支持するが、同派の佐藤正久参院議員は首相の推薦人に加わった。

 宮腰光寛氏(岸田派)、平沢勝栄氏(二階派)、渡辺博道氏(竹下派)らベテラン議員は、各派が選挙後の内閣改造で入閣を期待する思惑が透ける。選挙責任者の甘利明元経済再生担当相(麻生派)は首相の合同選挙対策本部事務総長でもある。

 石破氏の推薦人は石破派、竹下派の参院側、無派閥という構成。尾辻秀久元参院副議長(竹下派)が推薦人代…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです