メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

高齢者の働き方

冨田哲郎氏

 定年後は悠々自適に--。そんなイメージが激変しつつある。平均寿命が延び、人手不足が深刻化する中、高齢者は働き手として注目され、定年を延長する企業も出てきた。人事院も国家公務員の定年を65歳へ引き上げるよう提言している。だが、総人件費の増加など課題もある。「人生100年時代」の働き方は、どうあるべきなのか。

この記事は有料記事です。

残り2693文字(全文2847文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 世界のコロナ感染者1億人超え 収束見通し不明、2カ月半で倍増

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです