メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

高齢者の働き方

冨田哲郎氏

 定年後は悠々自適に--。そんなイメージが激変しつつある。平均寿命が延び、人手不足が深刻化する中、高齢者は働き手として注目され、定年を延長する企業も出てきた。人事院も国家公務員の定年を65歳へ引き上げるよう提言している。だが、総人件費の増加など課題もある。「人生100年時代」の働き方は、どうあるべきなのか。

この記事は有料記事です。

残り2693文字(全文2847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです