メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

対中制裁第3弾、段階的発動か 米、国内手続き終了

 【ワシントン清水憲司】トランプ米政権は6日、中国の知的財産権侵害に対する制裁関税の第3弾について国内手続きを終えた。今後トランプ大統領が発動の時期や規模を最終判断する。今回は年間輸入額2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品約6000品目が対象だが、家具や家電、一部衣類など消費者への影響が大きい品目を含むため、段階的に発動するとの見方が浮上している。

 トランプ氏は5日、記者団に「中国と取引(ディール)する準備は整っていない」と述べ、交渉で成果が上がっていないとの認識を示した。第3弾の追加関税の税率は10%を予定したが、25%に引き上げる構え。中国経済に減速感が出る中、長期化を辞さない姿勢を示すことで、譲歩を引き出すことを狙っている。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです