メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

土地を外国人に売るということ=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 ベトナムで6月に珍しく大規模なデモが起こった。中部ダナン市郊外には中国系カジノがすでにあり、中国人街の様相を呈している。そこで中国企業がベトナム東北部クアンニン省、中南部カインホア省、最南端のフーコック島の3カ所に大規模な土地を99年間のリース契約で借り受け、カジノ特区を作るという計画が発表され、国会に法案が提出された。経済効果は7兆円規模に及ぶという。

 これに対して、「国の領有権を侵害し、中国に領土を譲渡することと同然だ」との反対論が噴出し、大規模な反中デモが発生した。ホーチミン市やカインホア省などでデモが拡大し、ホーチミン市のデモだけで100人以上が当局に拘束されたようだ。その結果、99年リースの条項は削除され、法案の採決は10月に延期された。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです