メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

土地を外国人に売るということ=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 ベトナムで6月に珍しく大規模なデモが起こった。中部ダナン市郊外には中国系カジノがすでにあり、中国人街の様相を呈している。そこで中国企業がベトナム東北部クアンニン省、中南部カインホア省、最南端のフーコック島の3カ所に大規模な土地を99年間のリース契約で借り受け、カジノ特区を作るという計画が発表され、国会に法案が提出された。経済効果は7兆円規模に及ぶという。

 これに対して、「国の領有権を侵害し、中国に領土を譲渡することと同然だ」との反対論が噴出し、大規模な…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文709文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです