メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

異例の静寂 災害対応「活気のなさ心配」の声

自民党総裁選についての記者からの問いかけに答えず、首相官邸に入る安倍晋三首相=2018年9月7日午前8時46分、川田雅浩撮影

 北海道での地震発生を受け、3日間の活動自粛という異例の幕開けとなった自民党総裁選。東京・永田町の自民党本部は告示日の7日、予定された行事が延期されたこともあり、所属議員の出入りはまばら。党職員からは「こんな静かな総裁選は初めて」との声も聞かれた。【杉本修作、飯田憲】

 午前10時、党本部8階の届け出会場に、安倍晋三首相と石破茂元幹事長の代理人が顔をそろえた。役員席の党幹部らが見つめる中、代理人が20人の推薦人名簿などを提出した。ただ、衆参の議員が出席する所見発表演説会などが延期されたため、出入りが目立つのは両陣…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです