メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/38 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「ま、また、その、不始末?」

 これで三度目。

 当時の光景を再び目の当たりにしているかのように、八太郎の黒目が大きくなった。

「みんなが起きて駆けつけてきて、明かりが点(つ)いて、おいらが目にしたのはね」

 素っ裸の長姉ちゃんが、豆源父ちゃんにしがみついているところだった。

「父ちゃんは寝間着の帯が解けかけて、前が開いちまっていた。目を剥(む)いて、泡を吹きそうなほど慌ててたよ。やめろ、やめろって、長姉ちゃんを振りほどこうと必死にもがいてるんだけど」

 一糸まとわぬ姿の長姉ちゃんは、濡(ぬ)れ手ぬぐいみたいに豆源父ちゃんにからみついて離れようとしない…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文867文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです