メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/38 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「ま、また、その、不始末?」

 これで三度目。

 当時の光景を再び目の当たりにしているかのように、八太郎の黒目が大きくなった。

「みんなが起きて駆けつけてきて、明かりが点(つ)いて、おいらが目にしたのはね」

 素っ裸の長姉ちゃんが、豆源父ちゃんにしがみついているところだった。

「父ちゃんは寝間着の帯が解けかけて、前が開いちまっていた。目を剥(む)いて、泡を吹きそうなほど慌ててたよ。やめろ、やめろって、長姉ちゃんを振りほどこうと必死にもがいてるんだけど」

 一糸まとわぬ姿の長姉ちゃんは、濡(ぬ)れ手ぬぐいみたいに豆源父ちゃんにからみついて離れようとしない…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文867文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです