メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

「けもの道」の先の風景 美術家・山内光枝(36)

=福岡市博多区で

山内光枝(てるえ)

 「海が与える緊張感って、本当に恐ろしいですけど、それは人間社会の中で感じる抑圧とはまた別で、今の時代を生きる自分たちには、逆に“解放”のような刺激だなって思うんです」。太刀打ちできない自然の中で得た世界を、映像やインスタレーションなどで発表してきた。

 異色の経歴の持ち主だ。ロンドンの大学を経て、最終学歴は「済州ハンスプル海女学校卒」。韓国・済州島で現役の海女から潜水を教わった。きっかけは、10年ほど前に出合った一枚の古い写真。生命力に満ちた裸の肉体をさらす海女。その「残り香」に誘われ、同・釜山や海女発祥の地と言われる地元福岡の鐘崎、フィリピンに向かった。

 見る・聞くだけではあきたらず、自らの肉体を使って海と人間の長い歴史を知ろうとする、その過程を「けも…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです