メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

触覚への希求=外舘和子

 昨今、「超絶技巧」と「縄文」という一見対極の世界が人気を呼んでいる。いずれも美術館、博物館の展覧会で大いにクローズアップされた。特に東京国立博物館の縄文展では、戦後岡本太郎が受けたレベルと同じ、あるいはそれ以上の感動を多くの人が覚えたことであろう。複製の土器に触れ、凹凸を確認できるサービスもあった。

 赤い壁で囲まれた展示室の国宝の土偶たちにも改めて魅せられたが、しばしば展示室中央に取り出された巨大…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです