メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

触覚への希求=外舘和子

 昨今、「超絶技巧」と「縄文」という一見対極の世界が人気を呼んでいる。いずれも美術館、博物館の展覧会で大いにクローズアップされた。特に東京国立博物館の縄文展では、戦後岡本太郎が受けたレベルと同じ、あるいはそれ以上の感動を多くの人が覚えたことであろう。複製の土器に触れ、凹凸を確認できるサービスもあった。

 赤い壁で囲まれた展示室の国宝の土偶たちにも改めて魅せられたが、しばしば展示室中央に取り出された巨大…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1152文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです