メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自然災害

インバウンドに冷や水? 人気の2観光地直撃 災害敬遠の動き懸念

 台風被害のあった関西国際空港に続き、新千歳空港も地震で一時閉鎖に追い込まれたことで、観光業への悪影響が懸念される。両空港は日本を代表する基幹空港で、ここ数年急増している訪日外国人旅行客の主要な受け入れ窓口になってきたためだ。日本の災害ニュースは海外でも関心が高く、風評被害で訪日観光に打撃を与える恐れがある。

 国土交通省によると、2016年度の乗降客数は関空が国際線・国内線の合計で2561万人、新千歳が同2…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文577文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです