メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 女子決勝進出 「幼さ」と決別、大坂が壁破る バイン・コーチ師事、才能開花

 【ニューヨーク浅妻博之】精神面で大人に成長した20歳の新鋭が、日本女子テニスの歴史を塗り替えた。6日に当地で行われたテニスの4大大会、全米オープン女子シングルス準決勝で前回準優勝のマディソン・キーズ(23)=米国=を破った大坂なおみ(20)=日清食品。4大大会シングルスで日本女子初の決勝進出という快挙の陰には、今季から指導するドイツ人のサーシャ・バイン・コーチ(33)の存在があった。

 「恥ずかしがり屋で愛らしい」。バイン氏が大坂に会った時の第一印象だ。「完璧主義者」と自己分析する大…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文692文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです