メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 女子決勝進出 「幼さ」と決別、大坂が壁破る バイン・コーチ師事、才能開花

 【ニューヨーク浅妻博之】精神面で大人に成長した20歳の新鋭が、日本女子テニスの歴史を塗り替えた。6日に当地で行われたテニスの4大大会、全米オープン女子シングルス準決勝で前回準優勝のマディソン・キーズ(23)=米国=を破った大坂なおみ(20)=日清食品。4大大会シングルスで日本女子初の決勝進出という快挙の陰には、今季から指導するドイツ人のサーシャ・バイン・コーチ(33)の存在があった。

 「恥ずかしがり屋で愛らしい」。バイン氏が大坂に会った時の第一印象だ。「完璧主義者」と自己分析する大坂は悲しくても、うれしくても素直に感情を表に出す。身長180センチと恵まれた体格で、最速200キロ超の高速サーブや強烈なフォアハンドはプロ転向した15歳の頃から世界トップクラスだったが、感情をコントロールしきれずに自滅する場面もあった。そんな大坂の性格を、バイン氏は「うそ偽りがない」と前向きに受け止…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです