メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

300超す病院、停電続く

 北海道の地震による医療機関への影響は7日も続いた。厚生労働省によると、停電している病院は376カ所。道内に34ある災害拠点病院のうち11カ所が停電しているが、自家発電で対応している。水が使用できなくなった病院は82カ所に上った。

     災害派遣医療チーム(DMAT)は道内各地や東北各県、新潟県から派遣された計約50チームが札幌市や苫小牧市、北見市などを拠点に活動を展開している。

     停電や施設破損で影響を受けた人工透析施設は42カ所。うち29カ所は周辺施設で対応し、7施設は対応を調整中。6施設は透析間隔を調整することで対応している。

     在宅で人工呼吸器を使用している患者については、6日夜の段階で、比較的重度な約650人のうち、約150人の安全確認や医療機関への移送を済ませた。酸素ボンベは自衛隊が運搬することが決まり、防衛省と調整を進めている。輸血用血液は不足が見込まれる場合は、日赤が全国で調整し、旭川空港経由で道内に配送する。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
    2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
    3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
    4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
    5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです