米中間選挙

オバマ氏参戦「トランプ氏は歴史の暗い一面」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イリノイ州の大学で演説するオバマ前米大統領=2018年9月7日、AP
イリノイ州の大学で演説するオバマ前米大統領=2018年9月7日、AP

 【ワシントン高本耕太】オバマ前米大統領は7日、中西部イリノイ州の大学で演説した。トランプ大統領を「米国の歴史の暗い一面」と批判したうえで、11月の中間選挙に「我々の民主主義の行方がかかっている」と述べ、投票を呼びかけた。米国で大統領経験者が現職大統領を明確に否定するのは異例。オバマ氏はこの日を皮切りに各地で民主党候補の応援に入る予定で、同党の上下両院での過半数奪還に向けたテコ入れを本格始動した。

 トランプ氏は、温暖化対策のパリ協定や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱、イラン核合意破棄など、オバマ前政権のレガシー(政治的遺産)とされる政策を次々と転換させている。昨年1月の退任後、公の場での政治的発信は避けてきたオバマ氏だが、沈黙を破りトランプ批判を展開した。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文816文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集